補聴器の両耳装用で、より自然な会話の聞き取りを

耳は左右にあり、二つが一緒になって本来の耳の機能を果たします。
二つの耳で聞くということは、二つの目で見ることと同じくらい重要です。

左右両方の耳の聞こえが低下している場合は、やはり両方の耳へ補聴器をつけた方が、その効果を最大限に引き出すことができ、より良い自然な聞き取りが得られます。

両耳の役割

音は耳で聞いて脳で処理します人間は二つの耳を持っていますが、それはなぜでしょうか。
その理由は、音源の方向や距離感を脳が感知するためには、左右両方の耳からの情報が必要だからです。
私たちは、目をつぶっていても、音が鳴っている方向を瞬時に把握することができます。

例えば、道路を歩いている時、自分の体の右から車のクラクションが鳴ったとしましょう。
私たちは、何気なく聞いていますが、左耳よりも右耳の方には大きな音で、そしてわずかに早く音が到達しています。
脳は、その情報を瞬時に判断して「右から車のクラクションが鳴った」と認識するのです。

つまり、左右それぞれの耳から入ってくる音の「強さ」や「時間差」などの情報を脳が比較して、その音がどの方向から来るのか、今自分がいる位置から近いのか、それとも遠いのかということを感知するのです。

両耳で音が聞こえる状態で生活するということは、危険を避けて安全で快適に暮らすことにつながるのです。

両耳の聴力が低下していて、なおかつ両耳ともに補聴器をつけた時の聞こえの改善が見られる場合は、両耳装用をご検討されてはいかがでしょうか。

騒がしい場所でも会話が聞き取りやすくなります

補聴器を両耳につけていると騒がしい場所でも聞き取りやすくなりますレストランや居酒屋、パーティー会場やスーパーマーケットなど、周りがザワザワうるさいと、会話をしていても、相手が何を言っているのか聞き取るのが難しいものです。

また、家族や友人と食事をするなど、数人の人と会話をしている時に、隣の人の話は聞こえるけれども、向かいの人の話は、声は聞こえても内容がハッキリしないという経験はありませんか?

特にみんなが思い思いに話し始めた場合には、隣の人と話をするのさえ難しく感じる状況になります。
このような場面で人の声と騒音を聞き分けたり、自分に必要な話を集中して聞いたりするには、両方の耳からの情報を脳へ送る必要があります。

脳に備わっている、騒音を排除しながら言葉を聞くという能力を活かすには、聴力に合った補聴器を両耳へ装用し、両方の耳が聞こえる状態にしておくことが大切ではないでしょうか。

片耳装用より耳が疲れにくくなります

会話が聞き取りやすくなる両耳装用両耳の聴力が低下しており、両耳ともに補聴器をつけた時の聞こえの改善が見られる場合は、補聴器を片耳だけに装用するよりも、両方の耳へ補聴器を装用したほうが、余計な増幅をしなくても済むため、周りの騒音も抑えられ音量のバランスもとれて、耳の疲労感が少なくなる傾向があるようです。

聴力の低下を防ぎます

耳も使わないと衰えます腕や足を骨折して、しばらく使わないと筋力が落ちてしまいます。
それと同じように、両耳の難聴の程度が同じで、補聴器を装用した場合の改善が両耳にみられる場合に、補聴器を片方の耳だけに装用していると、そうでない方の耳への音の刺激が少なくなります。
この状態が長く続くと、補聴器を装用していない方の耳の聴力が衰えていく場合があります。

きちんと調整された補聴器を両耳に装用することは、使っていない側の聴力が低下するリスクを減らすことに貢献します。

モノラルよりもステレオ

両耳だと音が立体的に聞こえます繊細で迫力のあるオーケストラの演奏や、人気アーティストの艶やかな歌声、大自然の中でそよ風にゆれる木の葉のざわめき、小鳥のさえずりなど「音を楽しむ」あるいは「音に親しむ」時に両方の耳が聞こえると、心地よく聞くことができます。
音はハッキリとして厚みや深みがあり、距離感と音量の感覚が迫ってきます。

ラジオやテレビでも、スピーカーが一つのモノラルよりも、スピーカーが二つのステレオの方が、音が立体的に浮かび上がって聞こえてきます。
スピーカーが一つだと、左右の微妙な音量差や時間差が表現できないため、どうしても薄く平たい音になってしまいます。
最近では複数のスピーカーを配置したサラウンド効果を味わうことのできる機器も販売されていますね。

今、あなたの家にあるテレビはモノラルですか?ステレオですか?もし、次に購入する時には、どちらを選択されますか?

補聴器の両耳装用と片耳装用の聞き取りの比較

補聴器の片耳装用、両耳装用の比較

補聴器の両耳装用10のメリット

両耳に補聴器を装用して、より良い聞こえを体感してください。

1.安全です。

車などが近づいて来る方向がわかり安全です。

2.遠くから呼ばれてもわかります。

片耳だけでは数メートル先の音しか聞こえません。
両耳装用なら、さらに遠くの音まで聞こえます。

3.うるさい中でも言葉が聞き取りやすくなります。

両耳装用すると、うるさい場所での言葉の聞き取りが格段によくなります。

4.両方の耳がいつもイキイキします。

補聴器を片耳だけに装用しているとその耳だけに頼ってしまい、装用していない側の聞く力は次第に衰えてしまいます。

5.音を聞き分けられます。

片耳だけでは、様々な騒音も皆同じように聞こえてしまいます。
両耳装用なら、いろいろな音を聞き分けることができます。

6.聞こえの力をより発揮します。

二つの耳を使うことは、人間の自然な姿です。
両耳装用すると、より自然な聞こえが得られます。

7.言葉の聞き取りが高まります。

両耳装用をすると、一人ひとりの声を聞き分けることができ、言葉を聞き取る力も高まります。

8.楽に聞こえ、疲れません。

片耳だけでは聞こえが良くないので、イライラし疲れやストレスが溜まりやすくなります。

9.大きな音をやわらげます。

突然の大きな音でも二つの耳に分散されるので、不快さが軽減されます。

10.より自然で快適な聞こえになります。

両耳装用すると、より小さな音量で済むのでまわりの騒音も少なく、より自然な音で快適に聞くことができます。

  • 左右の聴力の差が大きい場合など、両耳装用の効果が出せない場合もございます。
  • 片方の耳が聴力的に補聴器が不要、補聴器の効果が出しにくい場合は片耳装用になります。
  • 必ず両耳装用でなければならない、ということではありません。

補聴器本舗